もやしの備忘録

もやしの日々の生活を書き留めるブログ

Assetto Corsa Competizioneについて調べてみた。

Assetto Corsa Competizioneの発売日が来週の9月12日に迫ってまいりましたが、日本語での詳細が主なゲームサイトにしか載っていなかったので個人的にいくつか調べてみました。

 

 

Home - Assetto Corsa Competizione

 Assetto Corsa Competizioneとは

Assetto Corsa(以下AC)の実質的な続編であるAssettto Corsa Competizione(以下ACC)はイタリアのKUNOS Simulazioniという会社が制作していて、9月12日にSteamにてアーリーアクセスが開始されます。

 

 前作であるACとは打って変わり、ブランパンGTシリーズのオフィシャルゲームとなったACCは、GT3カーに焦点を当てたゲームになっていて、おそらく実装される車やコースはブランパンGTに出場している車、登場しているサーキットになると思われます。

 

 登場車種やサーキット

www.blancpain-gt-series.com

ブランパンGTの公式サイトを見ると、2018年度のカレンダーでは、

サーキット

ポールリカール フランス

ゾルダー ベルギー

モンツァ イタリア

 ブランズハッチ イギリス

シルバーストーン イギリス

ミサノ イタリア

スパ・フランコルシャン ベルギー

ハンガロリンク ハンガリー

ニュルブルクリンク ドイツ

バルセロナ スペイン

 

参戦車種

Acura Honda NSX GT3

Aston Martin Vantage GT3

Audi R8 LMS

Bentley Continental GT3

BMW M6 GT3

Emil Frey Jaguar 

Ferrari 488 GT3

Lamborghini Huracan GT3

Lexus RC F GT3

Mercedes-AMG GT3

Nissan GT-R NISMO GT3

Porsche 911 GT3 R

が主に出場していますので、ゲーム内でもこれらのコースと車が出てくると思われます。

 

記事を書いていたらACCのウェブサイト内のロードマップに情報が更新されていました。

Roadmap Archive - Assetto Corsa Competizione

 

9月12日のアーリーアクセスではウラカンGT3とニュルブルクリンクGPコースがリリースされ、スペシャルイベントとホットラップ、AIとのバトルやレーティングシステムという仕組みなどが実装されて24.99ユーロで発売になります。

 

 

リリース2は10月10日の予定で、リリースされるものはベントレーコンチネンタルとミサノが追加され、スーパーポールやVRのサポート、ピットストップなどが実装される予定で、レーティングシステムにパフォーマンスレーティングとセーフティレーティングが追加される予定です。

 

 

リリース3では他のアーリーアクセスのゲームのように値段が34.99ユーロと少し値上がりますのでなるべく安く買いたい方はリリース3が出る前までに買う事で安く買う事が出来ますね。

追記、11月14日にリリース3が予定されています。

 

 

まとめ

9月12日にアーリーアクセス配信開始、24.99ユーロ

11月14日予定のアーリーアクセスリリース3では値段が上がり34.99ユーロになる

2019年1月16日予定のリリース5では値段が上がり44.99ユーロになる

最終的な完成は2019年のQ1内で、2018年から2019年シーズンのブランパンGTオフィシャルライセンスの全ての車とコースが追加される。

といったところでしょうか。

 

個人的な感想

NSX GT3が追加されるのはホンダファンの私からすると嬉しいポイントですね。雨などの天候変化や、昼から夜への時間の変化、3から6時間の耐久レース、スーパーポールなど今までのレースゲームでは実装されていなかったものや無くなってしまったものなども追加され、ブランパンGTシリーズをゲーム内で存分に楽しめそうな雰囲気になっていますし、セーフティレーティング等も実装されるようなのでiRacingのように白熱したGT3レースを気軽に出来ると考えるととても楽しみです。

ですが気軽に出来るオンラインレースということで、F1シリーズやGTSPORTのようにあまりマナーの良くないドライバーとも当たってしまう可能性も考えられるので、セーフティレーティングがしっかり機能してくれたら良いなと思います。